総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    【スマホ プリンター pomini】LOMO LC-A+で撮った日本武道館をプリント

    トイカメラというとHOLGAとともに名が上がるのがLOMO LC-A+でしょう。トイカメラの代表格と呼んでいいでしょう。このカメラは、当時ソビエト連邦だったロシアのLOMO社が1983年に発売された自動露出の35mm判コンパクトカメラであるLOMO LC-Aの復刻版です。 【あす楽】 【中古】 《並品》 LOMO LC-A+ 楽天で購入   マップカメラ楽天市場店 LOMO LC-A+の元になったLOMO LC-Aですが、これは日本製カメラコシナ CX-2のコピーしたカメラなのですが、コピーした部分は外見のみで、レンズバリアーの開き方や内部の構成が異なっているため、完全なコピーカメラではありません。 描写は、生産ラインにおける品質が安定していないため1台1台微妙に異なります。レンズ設計の欠陥からケラレ(光量落ち)が見られ、カメラの自動露出が不安定なため、撮った人間が意図しない写真が撮れてしまうというカメラです。 写った写真が、ただ単に写りが悪いってわけでもなく、妙な味のある写りになっているため、一部ユーザー(トイカメラマニアなどです)に受けてしまい、これがソビエト以外の国でカルト人気を集めることになります。 そんなLOMO LC-Aを復活させたのが2006年より発売されたLOMO LC-A+です。販売元はLomographyです。完全にLC-Aを復刻したわけではなく、パーツの簡略化によるコストダウンを図り、それにこのカメラの復刻を望む人からのアンケートを元に、多重露光スイッチやISO1600まで対応の幅を広げた感度設定などが加わった、バージョンアップ版と呼ぶべきカメラです。 なおこのLOMO LC-A+をソビエトカメラと呼ぶ人もいますが、製造はロシアではなく中国で行われており、そのためこのカメラはソビエトカメラとは言うことが出来ません。Lomographyカメラと呼ぶべきカメラです。 そのLOMO LC-A+で撮った写真をスマホに転送して、モバイルプリンターのpominiでプリントしてみました。 GK 〔iOS/Androidアプリ〕 ポータブルプリンター 「pomini」 イエロー MA-100PY 楽天で購入   ソフマップ楽天市場店

    nabesang

    おすすめ モバイルプリンターで 写真日和

  • 2位

    私が年始に買ったもの

    ロックとバイクとだるい日常。

  • 3位

    【スマホ プリンター pomini】VQ1005 2006年モデルで撮った「あらかわ遊園」をプリント

    pominiは、簡単にスマホを使って写真をプリントできるという、スマホ対応のモバイルプリンターです。Bluetoothでスマホと接続して、インク無しでプリントできる専用のZINKフォトペーパーをセットして、その後に専用アプリを使えば簡単に写真をプリント出来ます。写真がスマホで撮った写真だけでなく、スマホにデジタルカメラやフィルムカメラ、トイカメラなどで撮影した写真をスマホに転送すれば、その写真も簡単にプリントできます。 GK 〔iOS/Androidアプリ〕 ポータブルプリンター 「pomini」 イエロー MA-100PY 楽天で購入   ソフマップ楽天市場店 このブログは、スマホで撮った写真以外…デジタルカメラやフィルムカメラ、トイカメラなどの写真をpominiでプリントして、それを載せるサイトです。 今回はトイデジのVQ1005 2006年モデルで撮った写真をpominiでプリントした写真(pomini専用のZINKフォトペーパーをプリントしたものをスキャニングしたものです)を載せます。撮影場所はあらかわ遊園です。撮影時期は2012年4月頃です。 ▲撮影した2012年4月頃の、あらかわ遊園は桜満開でした。 ▲あらかわ遊園の観覧車です。 ▲さすが都電が走る街だけあり、あらかわ遊園には都電が展示してあります。   今回撮った写真のあらかわ遊園について説明します。 【撮影場所】あらかわ遊園 あらかわ遊園は、東京23区内唯一の公営遊園地です。1922年(大正11年)5月に、失火で操業停止した旧煉瓦工場跡地に、工場経営者広岡勘兵衛が私立遊園地「荒川遊園」を開園しました。東京にある老舗遊園地です。過去数度の改装を経て現在は1991年以降の構成になっています。低年齢層の子供が楽しく遊べるよう特化した遊園地で、アトラクションは観覧車、ジェットコースター(どうやら載る子どものことを考慮して、日本で最も遅いスピードで走っていると言われています)、メリーゴーランド、コーヒーカップ、スカイサイクル、昭和25年から走る豆汽車(ミニSL)のユウミミ号など一通り揃っていますが、小学校低学年層に合わせたレベルで激しいものはありません。100円

    nabesang

    おすすめ モバイルプリンターで 写真日和

続きを見る

新着記事

?
  • 言うてよぉぉ〜

    昨日の事やねんけど。仕事も順調で、次の日の準備も済ませ、さぁ、定時で帰れるぞ!!っと。久々じゃござらんか。 片づけしてさぁ、帰ろうとしたとき、「明日の予定変わってるの知ってる??」っと言われた。 うそやろ??じゃぁ、なに

    PAPPOP PAPPOPはこんな奴
  • 私が年始に買ったもの

    ロックとバイクとだるい日常。

  • 【スマホ プリンター pomini】LOMO LC-A+で撮った日本武道館をプリント

    トイカメラというとHOLGAとともに名が上がるのがLOMO LC-A+でしょう。トイカメラの代表格と呼んでいいでしょう。このカメラは、当時ソビエト連邦だったロシアのLOMO社が1983年に発売された自動露出の35mm判コンパクトカメラであるLOMO LC-Aの復刻版です。 【あす楽】 【中古】 《並品》 LOMO LC-A+ 楽天で購入   マップカメラ楽天市場店 LOMO LC-A+の元になったLOMO LC-Aですが、これは日本製カメラコシナ CX-2のコピーしたカメラなのですが、コピーした部分は外見のみで、レンズバリアーの開き方や内部の構成が異なっているため、完全なコピーカメラではありません。 描写は、生産ラインにおける品質が安定していないため1台1台微妙に異なります。レンズ設計の欠陥からケラレ(光量落ち)が見られ、カメラの自動露出が不安定なため、撮った人間が意図しない写真が撮れてしまうというカメラです。 写った写真が、ただ単に写りが悪いってわけでもなく、妙な味のある写りになっているため、一部ユーザー(トイカメラマニアなどです)に受けてしまい、これがソビエト以外の国でカルト人気を集めることになります。 そんなLOMO LC-Aを復活させたのが2006年より発売されたLOMO LC-A+です。販売元はLomographyです。完全にLC-Aを復刻したわけではなく、パーツの簡略化によるコストダウンを図り、それにこのカメラの復刻を望む人からのアンケートを元に、多重露光スイッチやISO1600まで対応の幅を広げた感度設定などが加わった、バージョンアップ版と呼ぶべきカメラです。 なおこのLOMO LC-A+をソビエトカメラと呼ぶ人もいますが、製造はロシアではなく中国で行われており、そのためこのカメラはソビエトカメラとは言うことが出来ません。Lomographyカメラと呼ぶべきカメラです。 そのLOMO LC-A+で撮った写真をスマホに転送して、モバイルプリンターのpominiでプリントしてみました。 GK 〔iOS/Androidアプリ〕 ポータブルプリンター 「pomini」 イエロー MA-100PY 楽天で購入   ソフマップ楽天市場店

    nabesang おすすめ モバイルプリンターで 写真日和
  • ニヤけて困っております

    娘からいろいろ写真が送られてきました。 今日、娘はりゅーちゃんの小学校説明会でして、りゅーちゃんと小学校に行ったのでした。 小学校の風景写真ね。小学校なんてめっちゃ懐かしい〜。胸キュンキュンしちゃいましたわ。 

    PAPPOP PAPPOPはこんな奴
  • たぶんあれがそう

    ロックとバイクとだるい日常。

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る

「写真ブログ」 カテゴリー一覧