searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪

THEME help
使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪
テーマ名
使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪
テーマの詳細
写真と一緒に、写真に使用したカメラ名、レンズ名、を記載している皆さん、 ぜひトラックバックして、写真情報を共有しましょう♪ ストロボ、三脚、フィルターなどの機材の種類や、 焦点距離、シャッタースピード、絞り、露出、ISO感度、撮影モードなどの情報、 その他のExif情報などもOKです。 もちろんカメラ名だけ、レンズ名だけなど、 一部のデータだけでもOKですし、 コンパクトデジカメでもトイカメラでも、どのメーカーでもOK(^^)♪ 超初心者もプロも大歓迎! 楽しみつつスキルアップにもつながれば嬉しいです★
テーマ投稿数
204件
参加メンバー
25人
管理人
gravelife管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪ 写真ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

使用カメラ・レンズ等の撮影情報も掲載♪の記事

1件〜50件

  • M62
    2021/04/06 19:50
    M62

    メシエ62(M62)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で蛇遣座(へびつかい座)の球状星団。位置はへびつかいのθ星からさとり座のε星に向かって3/5位。6.6等級で視直径14.1'。適正焦点距離は3000~13000㎜位。近くの恒星はアンタレス・ジュバ・サビク。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC4517(星の王冠)
    2021/04/04 17:48
    NGC4517(星の王冠)

    NGC4517(星の王冠)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「おとめ座」のエッジオン銀河。上部に重なるように明るい星がある事から「星の王冠」と呼ばれていて、更に上部にNGC4517Aの銀河があります。NGC4517の位置は赤経12h32m48.0s/赤緯+00゚07’00″。NGC4517+NGC4517Aの適正焦点距離は1000~3500㎜位。単体での適正焦点距離は2500~10000mm位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • おおぐま座
    2021/03/24 00:33
    おおぐま座

    大熊座(おおぐま座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は春でメシエは銀河のM81|M82(葉巻銀河)|M101(回転花火銀河)|M108|M109と惑星状星雲のM97(ふくろう星雲)。魅力的なNGC銀河が非常に多数。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • こぐま座
    2021/03/19 14:22
    こぐま座

    小熊座(こぐま座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は春でメシエはなし。撮るとしたら銀河のNGC6217位でしょうか?こぐま座矮小銀河もありますが、小さいのでパッとしないかな。流星群の放射点がありますね。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • いて座
    2021/03/15 01:47
    いて座

    射手座(いて座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は夏でメシエは散光星雲のM8(干潟星雲)|M17(オメガ星雲)|M20(三裂星雲)と散開星団のM18|M21|M23|M24|M25と球状星団のM22|M28|M54|M55|M69|M70|M75です。バンビの首飾りやバンビの横顔、猫の手星雲や小さな宝石にバーナード銀河などがメジャー。魅力的な散開星団+暗黒星雲や球状星団もあり。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)
    2021/03/11 04:20
    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)

    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「しし座」の銀河群。NGC3190の位置はしし座の頭付近で赤経10h18m12.0s/赤緯 +21゚50’00″です。適正焦点距離は2000~5000㎜位。3つだけに絞る場合は5000~10000mm位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ステライメージ9のレビュー【高速化した天体画像処理ソフト】
    2021/03/03 00:52
    ステライメージ9のレビュー【高速化した天体画像処理ソフト】

    天体画像処理ソフト「ステライメージ9」のレビューです。自動コンポジットや各種操作が高速化。簡易フラット補正である「セルフフラット補正」機能が追加され、更に初心者に優しいソフトになりました。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!
    2021/03/01 02:17
    Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!

    Topazの「DeNoise AI」(デノイズAI)が凄いみたいですね。画像処理で使っているCorelのPaintShopの2021Ultimate版に「ノイズ低減AI」機能が追加され、普通の写真や天体をDeNoiseしてみましたが効果抜群で驚きました!日本語で使い方も簡単だし、これからAIでのノイズ処理が主流になりそうですね。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • PENTAX-KPで天体写真
    2020/12/30 02:00
    PENTAX-KPで天体写真

    PENTAX-KPで撮影した天体写真を晒していきます。せっかくペンタックスの高感度一眼レフカメラを購入したので、この機材で高感度撮影をしてみました。天体望遠鏡とPENTAX-KPの星雲・星団・銀河の天体写真やカメラレンズとPENTAX-KPで撮った星空写真(星野・星景写真)を随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • かに座
    2020/12/29 14:35
    かに座

    かに座(蟹座)の星野・星景・星空写真です。季節は春。メシエは散開星団のM44(プレセペ星団)とM67。かに座銀河団が有名。魅力的な銀河はNGC2623とNGC2535。惑星状星雲Sh2-290(Abell31)など。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • USBカメラレンズヒーターは太いタイプより細いタイプがおすすめ
    2020/12/23 03:10
    USBカメラレンズヒーターは太いタイプより細いタイプがおすすめ

    カメラレンズで天体写真を撮影する時にモバイルバッテリーで使えるUSBのカメラレンズヒーターで結露防止をしているのですが、太いタイプより細いタイプの方がおすすめです。太いタイプだとピント調整が凄くやりにくいんです。細いタイプはピントリング(フォーカスリング)を避けて取り付けられるので便利。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC660
    2020/12/02 23:12
    NGC660

    NGC660の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でうお座の極リング銀河(Polar Ring Galaxy)。位置はM74の近くおひつじ座の境界線付近で、「赤経/01h43m00.0s/赤緯+13゚38’00″」。光度は10.8等で視直径は「8.5’×3.2」位。適正焦点距離は1500~4500㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC405(勾玉星雲)
    2020/12/01 22:03
    IC405(勾玉星雲)

    IC405(Sh2-229)勾玉星雲の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は冬でぎょしゃ座の散光星雲。位置は御者座の五角形の真ん中よりやは南付近で「赤経05h16m12.0s/赤緯+34゚16’00″」。光度は約10等級で視直径は「37’×19’」位。適正焦点距離は単体で1,000~1,500㎜位。勾玉星雲を含めたSh2-229全体を入れる場合は500~600mm位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC2174(モンキー星雲)
    2020/11/28 21:59
    NGC2174(モンキー星雲)

    NGC2174(モンキー星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。別名「モンキーフェイス星雲」や「モンキーヘッド星雲」。季節は冬でオリオン座の散光星雲。位置はオリオン座とふたご座の境界線付近で、「赤経06h09m42.0s/赤緯+20゚30’00″」。視直径は「40’×30’」。適正焦点距離は200~2000㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC1396(Sh2-131)
    2020/11/18 11:50
    IC1396(Sh2-131)

    IC1396(Sh2-131)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の散光星雲+散光星雲。位置はμ星のガーネットスターの近くで「赤経21h39m06.0s/赤緯+57゚30’00″」。視直径は165’×135′。適正焦点距離は50~400㎜位。象の鼻星雲単体では800~2000mm位がおすすめ。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC1499(カリフォルニア星雲)
    2020/11/09 11:36
    NGC1499(カリフォルニア星雲)

    NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でペルセウス座の散光星雲。位置はξ星(メンキブ)のすぐ北で「赤経04h00m42.0s/赤緯+36゚37’00″」。光度は6等級で視直径は「145’×40’」位。適正焦点距離は150~500㎜位。一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)
    2020/09/20 22:20
    Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)

    Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の反射星雲。位置はβ星アルフィルクから「赤経差-00h12m09.8s/赤緯差-2゚18’28″」程で「赤経21h16m29.7s/赤緯+68゚15’11″」。視野角は70’×45’位。適正焦点距離は単体で700~2500㎜位。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC281(パックマン星雲)
    2020/09/01 12:18
    NGC281(パックマン星雲)

    パックマン星雲(NGC281)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でカシオペア座の散光星雲(HII領域)。別名IC11やSh2-184となっており、散開星団IC1560を含む。位置はシェダルのすぐ東側で「赤経00h52m48.0s/赤緯+56゚37’00″」。適正焦点距離は単体で300~2000㎜位。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6559+IC4685+IC1274+IC1275+IC4685+NGC6546付近
    2020/08/27 17:03
    NGC6559+IC4685+IC1274+IC1275+IC4685+NGC6546付近

    NGC6559+IC4685(Sh2-29)+IC1274(Sh2-31)+IC1275(Sh2-32)+IC4685+NGC6546付近の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で射手座(いて座)の散光星雲+散開星団。M8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)とM21の東側に位置し、全体の視直径は90’×50’。中心位置は「赤経18h09m35.4s/赤緯-23゚42’31″」。適正焦点距離は単体で500~1000㎜位。M8+M20+M21も入れた適正焦点距離は200~500mm位。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6302(バタフライ星雲)
    2020/08/25 23:08
    NGC6302(バタフライ星雲)

    NGC6302(バタフライ星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「さそり座」の双極惑星状星雲。別名はバグ星雲。位置はサソリの尻尾付近の低空で「赤経17h13m42.0s/赤緯-37゚06’00″」。適正焦点距離は5000~22000㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC5146(まゆ星雲)
    2020/08/24 00:08
    IC5146(まゆ星雲)

    IC5146(まゆ星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「はくちょう座」の散光星雲。位置は白鳥座のお尻にあるα星デネブからトカゲ座に向かって境界線手前で「赤経21h53m24.0s/赤緯+47゚16’00″」。視直径は約12’×12′で光度は約7.2等級、適正焦点距離は800~4000㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6822(バーナード銀河)
    2020/08/04 22:33
    NGC6822(バーナード銀河)

    バーナード銀河(NGC6822)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で射手座(いて座)の不規則銀河。位置は射手座のρ¹星と山羊座α星アルゲディの中間辺りで「赤経19h44m56.2s/赤緯-14゚48’20″」で視直径は15.5’x13.5’で9.0等級。適正焦点距離は単体で500~2500㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6723
    2020/07/29 19:47
    NGC6723

    NGC6723の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「みなみのかんむり座」の球状星団。位置はε星のすぐ北北東付近で「赤経18h59m36.0s/赤緯-36゚38’00″」で視直径は約11′。適正焦点距離は単体で1000~4000㎜位。反射星雲の「NGC6726+NGC6727+NGC6729+IC4812」も入れる場合は500~1500mm位。更に分子雲全体を入れる場合はカメラレンズで300mm位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • さそり座
    2020/07/16 01:08
    さそり座

    蠍座(さそり座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は夏でメシエは球状星団はM4とM80で散開星団はM6とM7。散光星雲の青い馬頭星雲+IC4601|アンタレス周辺|Sh2-7+Sh2-1|彼岸花星雲|出目金星雲|えび星雲と惑星状星雲のバタフライ星雲とチェリオ星雲が有名。その他シャープレスや銀河に散開星団などあり。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC5248
    2020/07/14 16:28
    NGC5248

    NGC5248の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「うしかい座」の中間渦巻銀河(棒渦巻銀河と非棒状渦巻銀河)。位置はうしかい座からおとめ座に向かって境界線ギリギリにあり、赤経13h37m30.0s/赤緯+08゚53’00″。適正焦点距離は3000~12000㎜位。NGC5248の渦の中に2つPGC銀河が混ざって構成されており、更に周囲にはPGC天体が山のようにあります。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • KenkoスカイメモSスターターセットⅡを購入したので開封します!
    2020/07/12 02:37
    KenkoスカイメモSスターターセットⅡを購入したので開封します!

    ケンコーのスカイメモSスターターキットⅡを購入しました。一眼レフやミラーレスとカメラレンズで天体を追尾撮影したり、小型の天体望遠鏡にも対応してくれるポータブル赤道儀。ポタ赤はどれにするかいろいろ悩んだのですが僕の使用用途ではスカイメモSに決定!普通の赤道儀で撮影している合間に星景写真や星野写真を撮りたかったんです。これから購入しようか考えている方の為に現物を開封してお見せしておきます。しばらく使用してから機材レビューも記載します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6334(出目金星雲/猫の足星雲)
    2020/07/08 00:57
    NGC6334(出目金星雲/猫の足星雲)

    NGC6334(出目金星雲/猫の足星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。別名は「猫の手星雲」や「肉球星雲」、「熊の手星雲」。季節は夏で「さそり座」の散光星雲。位置はサソリの尻尾付近の低空でλ星シャウラからε星に向かって1/3位で「赤経17h19m58s/赤緯-35°57’47″」。適正焦点距離は600㎜位。隣接するNGC6357(彼岸花星雲)とセットで撮る場合は300㎜位。一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ダーク減算せずに天体写真の簡単ホットピクセル除去(一眼レフ+短時間露光向き)
    2020/07/05 15:52
    ダーク減算せずに天体写真の簡単ホットピクセル除去(一眼レフ+短時間露光向き)

    一眼レフカメラで短時間露光している場合に向いている方法ですが、ダーク減算せずに簡単に綺麗にホットピクセルを完全除去できる方法があったので記録しておきます。熱ノイズ(熱カブリ)は処理できませんので、ミラーレスや長時間露光の場合はダーク減算しないと厳しい場合が多いと。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 白飛びした天体写真を画像処理で簡単に復元させるセルフHDR
    2020/07/02 11:40
    白飛びした天体写真を画像処理で簡単に復元させるセルフHDR

    天体写真でHDR撮影をすると時間が掛かる・・・そんな面倒臭がりなあなたにおススメな画像処理がこちら!セルフHDR!!!淡い星雲を出す為にガンガン露光して白飛びした天体の写真を簡単に復元させちゃいます。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • バンビの首飾り「Sh2-37(IC1284+IC1283)+NGC6589+NGC6590」
    2020/07/02 11:40
    バンビの首飾り「Sh2-37(IC1284+IC1283)+NGC6589+NGC6590」

    バンビの首飾りの位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「いて座」の散光星雲+反射星雲。位置はM24の南側でバンビの横顔の中「赤経18h17m42.0s/赤緯-19゚40’00″」。視直径は約25’×35’で適正焦点距離は800~2000㎜位。バンビの首飾りはIC1284がメイン。IC1283が合体してSh2-37。左下にNGC6990と右下にNGC6589の青い反射星雲。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6357(彼岸花星雲)
    2020/06/27 01:33
    NGC6357(彼岸花星雲)

    NGC6357(彼岸花星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「さそり座」の散光星雲。別名「ロブスター星雲」「War and Peace Nebula」。位置はサソリの尻尾付近の低空でλ星シャウラの北側付近で「赤経17h24m36.0s/赤緯-34゚10’00″」。適正焦点距離は600㎜位。隣接するNGC6334(出目金星雲/猫の足星雲)とセットで撮る場合は300㎜位。一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 【楽天】早く買えばよかった「カメララップ」!出し入れが楽でおしゃれ♪
    2020/04/10 19:57
    【楽天】早く買えばよかった「カメララップ」!出し入れが楽でおしゃれ♪

      こんにちは。本日2本目の投稿です(*ノωノ)今朝のブログ記事、セリアのおうち型マスクケース♪大容量収納&サッと取り出せて便利♪も沢山の閲覧をいただきましてありがとうございます<m(__)m>***少し前に楽天ショップさんで購入したカメラ収納グッズがおしゃれで便利す

    リーフ

    10年後も好きな家 家時間が好きになる「家事貯金」&北欧インテリア

  • 【保存版】初心者向け!YouTube撮影に必要な機材の全5種類 厳選15選
    2020/02/04 00:21
    【保存版】初心者向け!YouTube撮影に必要な機材の全5種類 厳選15選

    [chat face="gimon.png" name="お悩み中" align="left" border="gray

    クラフツマン

    転職アカデミア

  • カメラで「今」を残すなら【Olympus PEN E-PL9 】初心者でもきれいな写真が撮れる!コンパクトなミラーレス一眼
    2020/01/30 18:52
    カメラで「今」を残すなら【Olympus PEN E-PL9 】初心者でもきれいな写真が撮れる!コンパクトなミラーレス一眼

    私はもともとカメラが好きなのですが、私は使い心地の良さから、ずっとOLYMPUSのカメラを使っています。現在私が愛用しているカメラはこちらです。「Olympus PEN E-PL9」。(function(b,c,f,g,a,d,e){b.M

    ましまろ

    ましまろノート

  • ニューモニター開始 SEA&SEA DX-6G①
    2019/10/21 18:10
    ニューモニター開始 SEA&SEA DX-6G①

    SEA&SEA DX-6G カメラハウジングセットが、 https://www.seaandsea.co.jp/products/compact/dx6g/ やっと、届いた。 今日から急きょモニターテスト開始 このカメラの一番の特徴は、 入門クラスとしては、 久しぶりの本格ハウジング 何と言っても、 信頼のMade in Japan 55m耐圧ハウジング 水深55mまで、 実動チェックをしていると 技術さんの話なので、 現実的なディーブ域で、 撮影してきたいと思う。 蛇足だが TGシリーズのプロテクターを その水深に持って行く事は、 危険なエリア 例) 『OLYMPUS PT-056防水プロテ…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • 到着(*≧m≦*)ハウジングからチェック開始 SEA&SEA DX-6G②
    2019/10/21 18:09
    到着(*≧m≦*)ハウジングからチェック開始 SEA&SEA DX-6G②

    『ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ』の 一回目の更新をしたいと思います。 SEA&SEA DX-6Gのハウジングのチェックをしたいと思います。 まずは、 ヤフーブログの頃と一緒の方法ですが、 使用結果から書いて行きたいと思う。 ハウジングは、 流石、日本最古の水中撮影機材メーカー SEA&SEAという出来栄えで、 耐圧性・耐久性・操作性はこの値段帯では ありえない仕上がりである。 残念に事に、 中身のカメラは、それなりのレベルである。 撮影できるレベルだけを比較すると Olympusの現在のTough TGシリーズにかなわない。 以前、 Olympusから売られていたφ(・ω・ )メモメモ…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • SEA&SEA DX-6Gハウジングをチェック(*≧m≦*) SEA&SEA DX-6G③
    2019/10/21 18:09
    SEA&SEA DX-6Gハウジングをチェック(*≧m≦*) SEA&SEA DX-6G③

    今回、 SEA&SEA DX-6Gセットの市販品を手にするのは初なので、 しっかり、チェックをしたいと思う。 SEA&SEA DX-6Gハウジングから 水深55mでの作動をチェックしている 本格的なハウジングは、 ポリカーボネイト材質上、 歪みに対応したОリングの仕組みは、 流石、老舗ハウジングメーカーといえる。 今回、水深45mまで、テストをしたが、 使用感は、水面とまったく変わらなかった。 これだけ きっちり、カメラを入れていると、 通常は、逃げがないので、深くなると、操作が悪くなるのだが、 流石、SEA&SEAである。 気になったのは、 操作ボタンにふれない様に 持つように、カメラメーカ…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • 6Gカメラをチェック(*≧m≦*) SEA&SEA DX-6G④
    2019/10/21 18:09
    6Gカメラをチェック(*≧m≦*) SEA&SEA DX-6G④

    SEA&SEA DX-6Gの中に入れる RICOH製 6Gカメラに付いて、調べていく まず、 6Gカメラのスイッチを入れた。 MODEボタンを押すと 液晶に プログラムが表示される(0゜・∀・)ワクワクテカテカ オートピクチャーから 開始され プログラムメニューを デシタル顕微鏡を選択して 試どり ?? 被写界深度を深くしたいので、 絞り機能を探した。 何処にも、搭載されていない。 6Gカメラは、絞りがないφ(・ω・ )メモメモ 普通のカメラでいう所の絞り開放でしか撮影できない。 ゴープロや、 スマートフォーン搭載のカメラ機能とφ(・ω・ )メモメモ 同じ仕組みを採用している。 この時点で、 …

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • 6Gカメラのマーメイドモードはorz SEA&SEA DX-6G⑤
    2019/10/21 18:09
    6Gカメラのマーメイドモードはorz SEA&SEA DX-6G⑤

    カメラメーカーが想定する(-_-メ) 水中写真は、 太陽光が水中に届く 浅い場所での撮影をプログラムした 水中モードが多い (STYLUS TG-○ Toughはそこが他社と違う点) 今回の6Gカメラのチェックは、 マーメイドモード(*≧m≦*)がどの程度の能力か? 6Gカメラは、絞り開放でしか撮影できない(@g@)b 太陽光のカラーバランスの崩れない浅い水深では、 十分に、綺麗に撮れることは、 当たり前なので、 カラーバランスの崩れる水深で 撮影を最初にチェックする事にした。 それの方が、性能がどの程度のレベルか判断ができる。 そのテストをする為には、 ディープダイビングになるので、 ダブル…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • Tough TG-6 + PT-059モニター開始
    2019/10/21 18:09
    Tough TG-6 + PT-059モニター開始

    Tough TG-6 + PT-059のモニターを開始できそうです。 デキそうと言うのは、 明日から、 台風17号の影響で、 水中テストを中止するかもしれません<m(__)m> その場合は、 しばらく、中身が更新できません。 Tough TG-6は、 https://olympus-imaging.jp/product/compact/tg6/ 発売発表時の評価は決して良くありません。 Tough TG-5のバージョンを少しアップしたぐらいに書かれている物が多い。 ハリ魔王の現在の印象を書くと Tough TGシリーズ史上 水中用最強モデルの登場と言えるでしょう。 先に結果を書くと Tough…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • デシタル顕微鏡モードの確認開始Ⅱ SEA&SEA DX-6G⑦
    2019/10/21 18:09
    デシタル顕微鏡モードの確認開始Ⅱ SEA&SEA DX-6G⑦

    [デシタル顕微鏡モードの確認開始Ⅰ SEA&SEA DX-6G⑥]の https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2019/09/15/162550 続きになる。 内蔵フラッシュをONにしなおして FIX NEO 3000 DX IIの影響がある事が判ったので、 Offにした。 また、 一枚目の映像から、 太陽光を優先するプログラム設定なので、 十分 被写体に 近づきながら 撮影した。 想定通り、内蔵ストロボ光の光りで、 ウデフリツノザヤウミウシ本来の体色ではなく ストロボ光以外の太陽光による色カブリ現象がみられる。 水深22mで、けして太陽光の大きくふりそそ…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • イノンストロボとの相性は?? SEA&SEA DX-6G⑧
    2019/10/21 18:08
    イノンストロボとの相性は?? SEA&SEA DX-6G⑧

    近年 水中写真機材業界のみならず ダイビング業界は、不況と言ってイイと思う。 残念な事に、 有名機材メーカー、 ダイビング問屋、ウェットスーツメーカー、 元有名大型販売店まで、営業を終了している。 一番の問題は、 ダイビングショップの営業方針にあると思うが、 ダイビング=ボッタクリという イメージを払拭しないとまず無理な印象orz どうしても、 顧客を抱き込みたい( ゚皿゚)キーッ!! コンセプトが見え隠れするのは、よろしくない。 ハリ魔王は、そう考える。 特に、 入門機ほど、その辺が重要に思う。 残念だが、 一番人気のOLYMPUS Tough TG-6 + PT-059の水中記事にしても、…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • イノンS-TTLと、マニアル発光の比較 SEA&SEA DX-6G⑨
    2019/10/21 18:08
    イノンS-TTLと、マニアル発光の比較 SEA&SEA DX-6G⑨

    前回のイノンとの相性は、 「イノンストロボとの相性は?? SEA&SEA DX-6G⑧」 https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2019/09/29/003149 調節が、複雑であるが、何とか可能であった。 しかし、 透明度が良い場所では難しいかも??? そこで、 伊豆大島の水深17mで、 太陽光の十分に届く条件で ヒラメを撮影 残念orz S-TTLでは、 太陽光を設定の中心にしているために、 ストロボ光が小さくしかたけないφ(・ω・ )メモメモ プログラムされているモードを変える範囲が少ないので、 この条件では無理と判断した。 他のダイバーがヒラメを…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • 水中プロテクターPT-059のチェック Tough TG-6 + PT-059
    2019/10/21 18:08
    水中プロテクターPT-059のチェック Tough TG-6 + PT-059

    Tough TG-6用に、 水中プロテクターは、新設計になった。 PT-059について書いて行きます。 https://olympus-imaging.jp/product/compact/accessory/underwater/pt059.html Tough TG-5用の防水プロテクター PT-058は、 https://olympus-imaging.jp/product/compact/accessory/underwater/pt058.html Tough TG-6には、使用不可で、 専用である。 Tough TG-6用のハウジングメーカー品は、 Tough TG-5・6共用であ…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅰ SEA&SEA DX-6G
    2019/10/21 18:08
    ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅰ SEA&SEA DX-6G

    SEA&SEA DX-6G の更新もあと少しになってきた。 ここからは、 疑問を解決するために、 SEA&SEAの営業さんのお世話になった。 彼は、撮影する時 P(プログラム)オートを使うと言う。 重要なそれがヒントになった。 6Gカメラは、絞りが付いていない。 常に開放で撮影する。 そこに気が付いた時、 カメラの内の撮影モードは、 かなり限られた組み合わせで合わせる事になる。 ヘタに水中モードのマーメイドモードや、 デシタル顕微鏡モードを使うより、 Pモードの方が、カメラマンが、 刻々と変化する撮影条件にアジャストできると考えられる。 そうかφ(・ω・ )メモメモ Pモードを使う方が、 選択…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅱ SEA&SEA DX-6G
    2019/10/21 18:07
    ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅱ SEA&SEA DX-6G

    SEA&SEA DX-6Gの感想は、 撮る事を楽しむカメラ 水中写真の本格入門用と言うより、 見た物をとりあえず撮影して、後でロギング時に、 見た生物等の確認をするのに、向く機能と結論づけた。 SEA&SEA DX-6G使っているタイバーにより(*≧m≦*) 綺麗に撮影してもらう為に、 ダイビングをサービス側が、参考になるお話で〆て行きたいと思う。 より良い、 サービスには、良い作戦と思って見ていただくとありがたい。 『○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅰ SEA&SEA DX-6G』の https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2019/10/10/…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅲ SEA&SEA DX-6G 最終回
    2019/10/21 18:07
    ○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅲ SEA&SEA DX-6G 最終回

    SEA&SEA DX-6Gのモニターシリーズは、 今回の最終回にしたいと思う。 『○○○○でね(^○^)綺麗に写す方法発見Ⅱ SEA&SEA DX-6G』の https://htmmarine.hatenablog.com/entry/2019/10/12/232914 設定で撮影を続けながら、 被写体から、 段々に、 離れた。 カメラから、 25cmほど 被写体が 離れても、 撮影が可能であった。 すべて、未加工でお見せしている事からも、 このレベルなら、十分、新しいガイド方法として、 提案できる。 この方法なら、ゲストに、喜んでもらえるレベルだと思う。 試して、見てほしい(^○^) これで…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • Tough TG-6のチェックは(@g@)b① Tough TG-6 + PT-059②
    2019/10/21 18:07
    Tough TG-6のチェックは(@g@)b① Tough TG-6 + PT-059②

    Tough TG-6本体のチェックをしたいと思う。 Toughシリーズの場合 奇数版の時は、かなり、仕組みを変更してくる。 ある意味 OLYMPUSの技術者が、思ったコンセプトを優先した作りと言う印象φ(・ω・ )メモメモ その為 前シリーズの良い部分を無視して作って行く所があるorz 偶数版は、 使用するプロカメラマンの要望を多く聞き入れてφ(・ω・ )メモメモ 改良が、おこなわれる。 ネットなどの発売時の記事での評価は十分に 気を付けなければならない。 Tough TG-6は、 発売時の記事の評価は、 決して良くない。 今回は、 発売になってチェックすると、 OLYMPUSの開発に強く、意…

    ハリ魔王

    ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記Ⅱ

  • ボーナス前だけど、ミラーレス一眼カメラを買ってもらっちゃった♬
    2019/07/10 17:52
    ボーナス前だけど、ミラーレス一眼カメラを買ってもらっちゃった♬

    ボーナス前に旦那を無理やり中古カメラ屋に連れて行き、ミラーレス一眼をゲット!!それまでの経緯と、手法をお伝えします(笑)

    ちびまま

    Going My Outdoor

  • http://travel-dietician.hatenablog.com/entry/photolibrary
    2017/08/10 02:48
    http://travel-dietician.hatenablog.com/entry/photolibrary

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    りかぞう

    カメラ女子・管理栄養士の写真旅行ブログ

カテゴリー一覧
商用