TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

昆虫写真 新着記事

NEW POST
help
  • レモングラスが美味しそうな季節になってきたので、茎の部分をしっかりぶつ切りにして、ミントと...

    この投稿をInstagramで見る レモングラスが美味しそうな季節になってきたので、茎の部分をしっかりぶつ切りにして、ミ…

    akaboshigomadara

    みんなでつくるオンライン蝶(チョウ)図鑑

    読者になる
  • いつもの公園写ん歩8月#4

    いつもの面々ですがヨコバイ達でまとめてみました。アライヒシモンヨコバイヤノヒメヨコバイシロヒメヨコバイの幼虫ヒメヨコバイの一種ヒメヨコバイの一種(幼虫)クロスジホソサジヨコバイ幼虫2020年8月上旬/東京都OLYMPUS TG-3+LG-1ご訪問いただきありがとうございました。クリックで▽応援よろしく!!にほんブログ村にほんブログ村...

    Kazu

    Kazemakase Kibunmakase

    読者になる
  • 庭のカマキリ子供のその後

    随分ご無沙汰してます。写真はあるのですがブログ書けてませんでした。前回の記事がうちのカマキリだったのでその後の様子をUPします。前回記事→ ヒナソウが棲み家のカマキリ子供こちらは6月15日撮影。花壇のランタナをチェックしてたら脱皮後の子カマキリに遭遇しました。大きく見えますが、まだとても小さいです。左の茶色いのが抜け殻。脱皮してまだ間もないのか、動かず。(脅かさないよう慎重に撮影。)カマキリの脱皮は初め...

    香桜

    おはなし小鳥の日記

    読者になる
  • 猛暑日

     じりじりと強い日差しが照り付け、この夏はじめて猛暑日になりました。 仕上げ段階に入った《サンつがる》をはじめ《シナノスイート》などのリンゴがずいぶん日焼けしました。

    久保の家

    高井野あれこれ

    読者になる
  • ショウリョウバッタモドキ

      【撮影場所】2020/7/26 千葉県千葉市 ■ショウリョウバッタモドキバッタ目バッタ科 草むらではショウリョウバッタモドキの成虫も出てきていました ショ…

    ドタバッタン

    昆虫と過ごした日々をもう一度

    読者になる
  • リンゴマダラヨコバイ(幼虫)

    5mm位の小さい虫が慌てて逃げた。リンゴマダラヨコバイ(幼虫)

    yama

    道東の自然で遊ぶ

    読者になる
  • オニユリにキアゲハ Byヒナ

    8月に入るとアゲハ達の姿は減ってしまい、9月に入るまで一旦お休みですが、私の記事は7月分がまだ残っているので引き続き紹介していきます。オニユリで最後に撮っ...

    ミー&ヒナ

    仲良し夫婦DE生き物ブログ

    読者になる
  • クチバスズメ 【初登場】

    クチバスズメ 【初登場】 鱗翅目スズメガ科8月6日、棒おどりの練習で使った地区の体育館で出会った大型のスズメガ、クチバスズメです。拙ブログ、680種目の初登場…

    南風

    私家版里山図鑑

    読者になる
  • 小さな幸せ

    この前の土曜日。超絶応援していた漫画の原作者が逮捕されました。お盆シーズン地獄のスタート。発表からもう何も手につきません。こんにちは、昼杉です。今日は山の日。気分転換にでもと朝早く山へ出かけたのですがカメラのメモリーカードを忘れていたことが発覚。それはつまり私のバッグに入っていたものはカメラではなく金属の塊であることを意味しています。重い。この世の全てに絶望し帰宅。陽が昇り暑くなってきたし時期的に...

    昼杉起太

    虫撮り米食い昼寝する

    読者になる
  • キアゲハ⑬ ナガサキアゲハ⑤

    さぁ、ちょっと今、蛹は順次仕上がっていますが 羽化はひと休みの状態ですね  ■キアゲハ⑬ 第4波キアゲハ幼虫。 朝の図   昨日の夜、明日葉の大きな葉っぱ何枚…

    ドタバッタン

    昆虫と過ごした日々をもう一度

    読者になる
  • アオメアブ 2020.8.4

    オオセイボウに会えなかったこの日、面白い?出会いがありました。オオセイボウを探していて、ふと目に付いたのがこれ。虻(アブ)ですね。虻って結構大きいし、刺すって言うし、良く見かけるけどいつも避けて通ります。でもこの虻は妙に気になったんです。それは何故かというと、この複眼!基本がメタリックグリーン、光の当たり具合で赤や黄色っぽい色にも見えて、サングラスでもかけているかのようです。本当に綺麗だなぁと思ったので、レンズを150mmマクロに交換して複眼を主題に撮ってみることにしました。う〜ん、素晴らしい。現像の時気付いたのですが、このショットではお食事中でした。直射日光が当たるとちょっとコントラストがキ

    Koriel

    Koriel's Macro Photo

    読者になる
  • その正体は●●の飼育Ⅰ③ 正体判明

    6月10日に見つけた正体の不明のキリギリスの仲間の若虫  ついに成虫のなりその正体が判明しました なんとなく分かっていましたので イネ科の植物の葉と実をいれ実…

    ドタバッタン

    昆虫と過ごした日々をもう一度

    読者になる
  • 車に集まるアカウシアブ

    車に飛んできたアカウシアブ。体長3cmと巨大で、スズメバチのような派手なアブです。ウシアブの仲間は人間からも吸血しますが、噛まれるとものすごく痛いので吸血される前に気が付きます。山に車を止めると、アブやブユなど吸血性昆虫が集まってきます。二酸化炭素や熱や

    AntRoom

    ありんこ日記

    読者になる
  • 読者になる
  • 蛾の仲間たち

    ホソオビヒゲナガ(♀)ヨツスジヒメシンクイヨツボシノメイガキスジホソマダラ????蛾の仲間たち

    yama

    道東の自然で遊ぶ

    読者になる
  • 5371> エルタテハなど

    札幌より、野山で出会った蝶の写真を紹介します。寒い時期は野鳥が主役になります。

    ごま

    暖蝶寒鳥

    読者になる
  • ヒメキマダラセセリ(姫黄斑挵)

    【ヒメキマダラセセリ(姫黄斑挵)】昆虫:チョウ目セセリチョウ科セセリチョウ亜科分布:本州・四国・九州時期:5~6月、8~9月前翅長:12~17mm珍しさ:普通★★☆☆☆珍しい赤みがかった黄色の小型のセセリチョウ。コキマダラセセリに近縁で、濃褐色の地色に乗る斑紋は黄色っぽい橙色。雄は特に鮮やかになり、前翅表中央に橙色の斑紋を横切るように黒色の性標が現れるなど、セセリチョウの仲間でも本種は雌雄の区別が容易なほうである低山地から高原・亜高山帯まで広く分布し、林の周辺や渓流沿い、草原などで見られる。すばやく飛び、いろいろな花で吸蜜する。幼虫の食草は、チジミサザなどイネ科、カヤツリグサ科の植物。◎2020年7月22日長野県にて写真6枚追加しました◎2017年7月22日滋賀県にて写真4枚追加しました雌ヒメキマダラセセリ(姫黄斑挵)

    自然とデジカメ

    自然とデジカメ

    読者になる
  • 08/09のツイートまとめ

    zephyr1

    蝶や花などの写真素材 そよかぜ写真館

    読者になる
  • キビタキ♂♀

    標高1000mの富士山の麓で過ごしました。ここで子育てする鳥たちとの出会いを楽しみました。撮影2020.06.03水場にやってきたキビタキ♂ちょっと警戒気味見つめてふわっと飛んで腰の黄色が見えた水浴び大好き睨まれたキビタキ♀急いでプルプル大きな目キビタキ♂♀

    ural_owl

    自然からのたより

    読者になる
  • いつもの公園写ん歩8月#3

    いつもの公園の小路脇に並んで落ちていた(下の2枚)。一目見て猛禽類の羽だと分かった。今の時期、ここで見られるとしたらツミかオオタカ。で、羽根の大きさから察すると、おそらくオオタカ。そして、ネット検索で調べた結果中央の小さい方が「下雨覆」(全長65ミリ)その下のが「大雨覆」(全長98ミリ)ではないかな・・・と、思われる。それと、次の日に次列風切羽根(上)1枚も拾った。例によって「間違っていたらゴメン...

    Kazu

    Kazemakase Kibunmakase

    読者になる
  • ミノムシ

    ちょっと前ですが…この春によく見かけて気になるようになった、ミノムシ。オスはミノガになりますが、メスは成虫になってもミノムシの姿のまま一生を過ごすとのこと。しかもメスは蓑の中で交尾後産卵してそのまま卵と一緒に過ごし、卵が孵化する頃には干からびて死んでしまい、蓑の下の穴から落ちてしまうとのこと。。。ミノムシは身近な虫でなんとなくよく知っている様な気がしていましたが、調べてみると知らないことばかりでび...

    tamako

    ぱんとりー日記

    読者になる
  • カワミドリにナミアゲハとキアゲハとアオスジアゲハ Byヒナ

    カワミドリに多くのアゲハがやって来ていました。この花はアゲハだけではなく、蜂にも人気です。最初はナミアゲハ。続いてキアゲハ。最後にアオスジアゲハ。

    ミー&ヒナ

    仲良し夫婦DE生き物ブログ

    読者になる
  • 小さくて綺麗な奴

    お散歩路では初めてのミズアブ。だんだん分布が、北上しているようです。「ハキナガミズアブ」ハエ目 ミズアブ科体長5㎜~7㎜ 6月~8月 分布本州、四国黄色いラインが綺麗な小型のミズアブ。葉の上を動き回るのが観察される。クリックすると大きな画像が見られます(1350

    サンタナ

    「自然の中に生きる虫と花 虫嫌い厳禁のブログ」

    読者になる
  • ハムシ3種

    岩登りのハムシじゃないけどカワイイ!登頂成功!ルリハムシアザミオオハムシ?ハムシ3種

    yama

    道東の自然で遊ぶ

    読者になる
  • ゲンジボタル(8月)

    ~志賀高原のゲンジボタル~志賀高原のゲンジボタルを観察し撮影を行ってきた。「ホタル」といえば、昔は個人的に8月と言う印象である。48年前に行っていたヘイケボタルの飼育観察では、ヘイケボタルは8月の今頃が旬であったからだ。今では7月上旬~中旬頃がピークであるように思う。ゲンジボタルにおいては7月になってから観察したものだが、今では九州や四国などでは5月中旬から見られ、青森の最北でも7月上旬が発生のピークである。いずれも発生している期間は2~3週間程度だ。それなのに8月に「ゲンジボタル?」と思うだろうが、標高およそ1,600mに生息する志賀高原のゲンジボタルは、今でも見ることが出来るのである。志賀高原のゲンジボタルは、7月下旬から8月上旬を発生のピークとしながらも、気温が5℃しかない5月から発生が始まり、氷点下の気...ゲンジボタル(8月)

    ホタルの独り言 Part 2

    ホタルの独り言 Part 2

    読者になる
  • 久し振りの大滝山です。

    野山の昆虫です。Parantica sita  Papilio protenor  Argyreus hyperbius  Libythea celtis

    星孝

    のんびり野鳥記

    読者になる
  • アゲハ(ナミアゲハ) 産卵2020年夏

    アゲハ(ナミアゲハ) 産卵2020年夏 鱗翅目アゲハチョウ科アゲハ(ナミアゲハ)の幼虫によって、新芽の大半が食べつくされたスダチの木に、さらに散乱しているアゲ…

    南風

    私家版里山図鑑

    読者になる
  • 北富士演習場に行ってきました。

    3連休の中日の日曜、梅雨明けから猛烈な暑さ。家になんておられない。あんまり遠くに行く気も起きないんで、タイトルの場所に行ってきました。先週の大キャンプ大会...

    しまびと

    むしとり日記

    読者になる
  • 昨夜の自宅のミニハーブガーデンでの息子との花火いい夏の思い出になりました#ハー...

    この投稿をInstagramで見る 昨夜の自宅のミニハーブガーデンでの息子との花火🎇 いい夏の思い出になりました☺️…

    akaboshigomadara

    みんなでつくるオンライン蝶(チョウ)図鑑

    読者になる
  • 読者になる
  • アカヤマアリの奴隷狩り

    標高の高い山や、北海道など気温が低い場所に暮らすアカヤマアリ。以前ハヤシクロヤマアリと一緒に暮らすアカヤマアリを紹介しましたが、アカヤマアリは、クロヤマアリなどヤマアリの仲間の巣を襲撃して、幼虫や繭を持ち帰り奴隷狩りをします。サムライアリと同じように、

    AntRoom

    ありんこ日記

    読者になる
  • 5370> ウラギンスジヒョウモン♂など

    札幌より、野山で出会った蝶の写真を紹介します。寒い時期は野鳥が主役になります。

    ごま

    暖蝶寒鳥

    読者になる
  • ツマグロヒョウモン 2020.8.4

    関東で8月に、しかも昼間に私が撮影に出るなど初めての事です。それ位、北海道で生まれ育った私にとって、関東の夏の暑さは厳しい。夏の北海道に遠征に行った事のある方なら、関東と北海道の温度差、そして湿度の差を実感として理解して頂けると思います。そんな私が曇りの予報とはいえカメラを持って出掛けたのですから、オオセイボウに完全に魅了されたのが分かって頂けるでしょうか。ところがこの日は雲が疎らで暑くなった上に、本命のオオセイボウには振られてしまい、しかも帰りに飛び込んだラーメン屋の冷やし中華が不味い…というダブルパンチにやられてしまいました。この夏、不味い冷やし中華に当たったのは早くも2回めです。普通、冷

    Koriel

    Koriel's Macro Photo

    読者になる
  • 妻への寝る前用のマッサージ3点キット。なかなかいい感じのようです。#ハーブアロ...

    この投稿をInstagramで見る 妻への寝る前用のマッサージ3点キット。 なかなかいい感じのようです。  #ハー…

    akaboshigomadara

    みんなでつくるオンライン蝶(チョウ)図鑑

    読者になる
  • ニッポンヒゲナガハナバチ♀

    シロスジヒゲナガハナバチに似ていますが、前翅腑室の数が3なので区別できます。マメ科の花を好みます。ハチ目ハナバチ科撮影2020.05.29♀なので触覚が短いですムラサキツメクサを吸蜜拡大しました。下側の上から2つ目の仕切り(前翅腑室)が3つですここから蜜が吸えるかな?肩の毛は白いが、腹は黄褐色複眼が大きいホソヒラタアブと一緒にニッポンヒゲナガハナバチ♀

    ural_owl

    自然からのたより

    読者になる
  • いつもの公園8月写ん歩#2

    ケヤキにてツマキシャチホコオオトビサシガメ幼虫コンクリート壁にてトリバガ科の一種・・・ヒルガオトリバかな??シャチホコガの幼虫小さくて細い蛾たちミツオビキンモンホソガ(ホソガ科)など2020年8月上旬/東京都1枚目:ニコンD300/TAMRON SP 10ー24mm F3.5-4.5Dill/内臓ストロボ2枚目:OLYMPUS TG-3+CON-T013~5枚目:ニコンD300/AF-S Micro NIKKOR 40m...

    Kazu

    Kazemakase Kibunmakase

    読者になる
  • ヒクイナの羽繕い

    【ヒクイナの羽繕い】2020年7月19日富山県にて写真6枚+動画◎ヒクイナ(緋水鶏)ベース羽繕い中のヒクイナです。ヒクイナ(羽繕い)の動画ですヒクイナの羽繕い

    自然とデジカメ

    自然とデジカメ

    読者になる
  • 中途半端な

    ゴイサギ丁度、成長と幼鳥の間っぽいですね。シギチはやっぱりキアシだけでした。中途半端な

    しんばし

    しんばし写真館

    読者になる
  • 8月8日

    今日はコイキングのコミュディ、お家で参加でした。

    しまびと

    むしとり日記

    読者になる
  • イシガケチョウ 吸い戻し?

    イシガケチョウ 吸い戻し? 鱗翅目タテハチョウ科8月4日、モンキアゲハとクロアゲハの吸水を撮影していたら、スーッと足下にイシガケチョウがやってきました。いつも…

    南風

    私家版里山図鑑

    読者になる
  • モモブトスカシバの一種??

    この写真の個体はオオモモブトスカシバに似ていますが、モモブトスカシバの一番の特徴である後脚の毛の束は完全に消失?(…もしくは元々毛が生えていない?)しているので別種の可能性もありそうですね。オオモモブトスカシバの成虫はこちらでは毎年ホルトノキやヤマブドウが開花する6月の上旬頃に合わせて姿が見られるようになります。モモブトスカシバの一種??

    musizuki

    鹿児島昆虫観察日記

    読者になる
  • 子どもの自然な表情を撮る!

    子どもの自然な表情を撮るのって意外と難しいですよね。重要なのは撮られることをできるだけ意識させないこと。意識させてしまうと以下のようになります。いつでもどこでも同じポーズをする二歳の息子(可愛い)変顔ばかりする五歳の息子(普通の顔して)恥ずかしが

    AntRoom

    ありんこ日記

    読者になる
  • 読者になる
  • ちょっとオーガニックでアフリカのある生活

    アフリカ原産のこちらの野菜が、うちの庭で取れました�カメムシいっぱい付いてるけど…、スーパーオーガニックということで�それから、アフリカと言えば、午前中サッカーに行って日焼けしまくりの子どもたちにこれを塗るようにしました。日焼け止め効果もあるんだとか。

    Mushikago810

    なないろ虫かご

    読者になる
  • ギンボシヒョウモン(銀星豹紋)

    【ギンボシヒョウモン(銀星豹紋)】昆虫:チョウ目タテハチョウ科ヒョウモンチョウ族分布:亜高山帯に分布するため、国内では東北から中部地方の高山と北海道に生息し、関西以西にはいない。時期:7月上旬~9月上旬前翅長:28~34mm珍しさ:普通★★★☆☆珍しい中型、表は橙色に黒斑のヒョウ柄模様。裏の前翅は表と似ていますが後翅は黄褐色~黄緑褐色で、銀白色の斑紋が全体に散らばっています。裏側の後翅前縁に現れる銀白紋の数は4つでウラギン、オオウラギンは5つです。◎2020年7月22日長野県にて写真10枚ミヤマシロチョウとギンボシヒョウモン(銀星豹紋)

    自然とデジカメ

    自然とデジカメ

    読者になる
  • 5369> オオミスジなど

    札幌より、野山で出会った蝶の写真を紹介します。寒い時期は野鳥が主役になります。

    ごま

    暖蝶寒鳥

    読者になる

「写真ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)