TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

地域の歴史文化写真 新着記事 NEW POST

help
  • 100年余前の絵葉書で楽しむ福岡市・西公園のサクラお花見風景

    2020年4月初めの週末、満開のサクラもお花見は自粛の日々。外出控えて、とりあえず100年余前の絵葉書で楽しむ福岡市・西公園のお花見風景。2枚目の絵葉書は大正初期、西公園の光雲(てるも)神社から大堀(現在の大濠公園)を望むサクラ景。大正初期、坂の途中から光雲神社を望むサクラ景。たしか、鳥居は当時のままですね。古写真や絵葉書の面白さのひとつは、見る人の興味や知識によって、同じものを見ていても見方が違うところ。新天町のしばた傘店の柴田さんはこれら絵葉書をみて、ご夫人が持つ日傘の素材や当時の流行まで解説してくれました。西公園には昔からいくつかの茶屋がありました。花見をする人々の着物姿からも、時代を感じることができます。和装から洋装に変わっていくのは大正後期から。平野国臣像に向かう坂を登る花見客、この絵葉書は昭和10年...100年余前の絵葉書で楽しむ福岡市・西公園のサクラお花見風景

    博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

    博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

    読者になる
  • 山小屋日記38

    【囲炉裏】写真は春彼岸の山小屋への道です。車が通らなくなって久しいのですが、道はしっかり残っていて冬は草が枯れてよく見えます。小屋に入ってまずやるのが窓を開け、それから囲炉裏の火おこし。新聞紙をまるめ、そのうえに小枝のせて火をつけ、燃え具合を見ながら太い枝を足して炭をのせて一段落です。次は掃き掃除。虫もほこりもなんでも囲炉裏に掃き出します。あとは燃え残りの枝や炭をいじって、いじって、いじくり回していると時間が止まってしまいます。さらに、山の道具を見て時間を昔に戻します。山小屋日記38

    偏平足

    偏平足

    読者になる
  • 屋上菜園2020-04 玉ネギ

    茎立ち菜とホウレンソウの収穫は終わりました。あとは昨年10月に植えた玉ネギとニンニクが残っています。玉ネギは3月中旬からドンドン成長していて、たのもしい限りです。ニンニクも成長しているものの、少し貧弱気味です。野菜栽培のイロハも知らない、消毒もしない、種を蒔くだけのプランター栽培ですが、野菜もそれなりに成長してくれます。それから、いつの間にかミツバも成長していました。屋上菜園2020-04玉ネギ

    偏平足

    偏平足

    読者になる
  • 舞鶴第三火薬廠・・・その⑤

    『舞鶴第三火薬廠』まだまだ引っぱりますw舞鶴第三火薬廠については→その①">通称「乾燥谷」と呼ばれる谷に残る遺構の続きです。その④では、1つ目の火薬乾燥場付属…

    pearlwhite

    戦争遺産・・・時々現実逃避旅♪

    読者になる
  • 八千代新川千本桜 20-04

    例年より10日も早く開花した新川の河津・陽光・染井吉野の桜、河津は葉桜、陽光は散り終わり、染井吉野はまだ咲いています。早く開花したものの、いつまでも咲いていて散り際の悪い今年の桜です。ところで毎年続きてきたメンバーの花見、今年はコロナ菌感染防止のため中止にしました。3月下旬からアジサイの根回りの雑草取りを始めました。雑草が勢いを増す前にやっておけば、アジサイの成長に少し役立ちます。八千代新川千本桜20-04

    偏平足

    偏平足

    読者になる

「写真ブログ」 カテゴリー一覧